cinema note*

観た映画のことをつらつらと。グザヴィエ・ドラン、フランソワ・オゾン、ペドロ・アルモドバルなどクィア映画に傾倒しています。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』-言葉が与えしもの

f:id:mizuki0703:20170522095404p:plain
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督
『メッセージ』(2016年、アメリカ)


ジュリアン・ムーア主演『アリスのままで 』は、皮肉にも言語学者であるアリスが、若年性アルツハイマーによって言語を失っていく映画であった。
言語の消失は、すなわち彼女の世界そのものの消失を意味していた。
それほどに私たちは言語と密接に、言語の世界の中で生きている。

言語によって思考様式が変わるというのはよく言われることで、文法の異なる英語と日本語間は度々比較される。
例えば前者は結論を先に言うため判断力に長け、後者は結論を先延ばしにできるため優柔不断だという風に。

主人公である言語学者のルイーズは、未知の生命体と遭遇し、彼らの話す言語を解読しようと試みる。
その過程でヘプタポット(七本脚)と名付けられた彼らの表意文字を会得していくルイーズは、彼らの言語と母国語である英語のバイリンガルになっていく(他の言語も習得しているかもしれないが)。


1960年代、心理言語学者のスーザン・アーヴィン=トリップは日本語と英語のバイリンガル女性に対しある実験を行った。
「文末をそれぞれの言語で考え、文章を完成させる」という実験であった。
たとえば「自分の望みが家族に反対されると・・・」という文章の結末は日本語では「とても辛い」となり、英語だと「自分の好きなようにする」となった。
別の「真の友は・・・」という文章の続きでは、日本語では「互いに助け合うべきだ」となり、英語では「率直に意見すべきだ」となった。
つまり、バイリンガルは同じ人間であっても、その言語によって異なる思考様式を持っていることがこれで明らかになったのである。

ヘプタポットは時間軸を持たない。過去と現在と未来という直線的な時間軸がない。
それゆえ彼らの言語を身につけていく過程でルイーズの時間感覚も変容していく。
そして、彼女が見ていたフラッシュバックの答えが後々明かされることとなる。
その謎が一つのキーワードによって解き明かされた時の深い感動は、筆舌に尽くしがたい。

思考様式が異なれば、当然導き出される答えや選択も異なってくる。

私たちは喜劇よりも悲劇を大事に捉える。
少しの嬉しいことよりも、少しの悲しい出来事に心を支配されて生きている。

ヘプタポットの時間感覚によって、ルイーズは未来の悲しい結末という事実だけでなく、その未来に訪れる何事にも変えられない幸福感に触れることができた。
単に想像上の産物としてではなく、現在的な温度を持つ幸福として。
だからこそ、悲しみのためにその幸福を諦めることなど、手放すことなどできなかったのだろう。

ヘプタポットの言語を身につけていなかったとしても、彼女は同じ決断をしたのだろうか。

彼らの言語を持たぬ私たちは、選択に求められる想像力と感受性を、常に問われている。


参考文献
courier japon April,2017.