読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cinema note*

観た映画のことをつらつらと。グザヴィエ・ドラン、フランソワ・オゾン、ペドロ・アルモドバルなどクィア映画に傾倒しています。

2016年トランスジェンダー映画まとめ

今年はきちんとトランスジェンダー映画を研究しようと思った年だったので、映画祭で同テーマの映画が上映される時は可能な限り観に行こうと決めた年でもあった。だからかもしれないけれど、今年はトランスジェンダー映画が数多く出された年のように思った。(以前から留意していればいつも沢山あったのかもしれないけれど・・・)

f:id:mizuki0703:20161216143954j:plain

まずは三月に劇場公開したトム・フーパー監督の『リリーのすべて』。

風景画家のアイナーが同じく画家の妻にモデルを頼まれてストッキングを着用したことがきっかけで、女性のリリーという人格に目覚めていく。最初はゲーム感覚でいた二人であったがアイナーがリリーを統制できなくなる。そして画家として伸び悩んでいたゲルダは皮肉にもリリーの肖像画を描くことで軌道に乗り始める。そういえば、映画の中で恋人がその恋人の肖像画を描くときは、決まって描かれる方はアイデンティティが不安定。たとえば『アデル、ブルーは熱い色』で麗しき青髪の画家レア・セドゥに描かれるアデル、『ポンヌフの恋人』で剥き出しのジュリエット・ビノシュに描かれるドニ・ラヴァン・・・。

 エディ・レッドメインが徐々に女性化していく様子がまさにお耽美で美しく、トム・フーパー監督の絵画的構図や独特の演出など映像表現を眺めているだけでも楽しい。

原作版『リリーのすべて 』からの改変が結構あって映画版はより妻のゲルダがリリーを支える感動ものになるようになっていたかな。

f:id:mizuki0703:20150902143614j:plain

観れなくてとても悔しい思いをしていた映画はレインボー・リール東京国際映画祭で上映された『ガールズ・ロスト』。少女を少年に変える不思議な花を見つけた三人の少女を描いた映画で、設定からして素敵。だから来年のトーキョーノーザンライツフェスティバルで再上映される情報を見た時にはどれだけ歓喜したことか!

f:id:mizuki0703:20161216110435j:plain

六本木で行われた東京国際映画祭では、フィリピンから『ダイ・ビューティフル』が出品され、見事最優秀男優賞、観客賞を受賞して日本の観客からも受けいれられた。この上映後のトーク・ショーでは、主演のパオロ・バレテロスが初めて出来上がった映画を観て感極まって詰まって話せなくなる瞬間があった。そんな監督や役者さんたちと同じ空間で同じ作品を観て感動できていたのかと思うと、改めて胸が熱くなる。ジュン・ロブレス・ラナ監督はネットでトランスジェンダーが中傷されているのを目にして、今このテーマで映画を作らなければいけないんだという使命感に駆られたらしい。

f:id:mizuki0703:20161216110442j:plain

同映画祭からは、受賞は逃したもののインドネシアからトランスセクシュアルのセックス・ワーカーを描いた『ラブリー・マン』が出品された。インドネシアでは厳しい検閲に加えて、イスラム教徒が大多数のムスリム国家という宗教的事情も相まってジェンダーセクシュアリティ表象との対立が激しい。この映画ではそんなインドネシアにおける宗教とジェンダーの相克問題を、ムスリム教徒のスカーフを纏った娘とトランスセクシュアル父親を対比させることによって前景化している点でとても巧い。二人がそれぞれスカーフとウィッグを取って対話し始めたところなんてハッとさせられた。上映後トーク・ショーでは、確か女性がインドネシアに旅行に行った際こういう人に出くわさなかったけど本当にいるの?という質問をしていたと記憶しているのだけど、テディ・スリアアトマジャ監督は実際にインドネシアで異性装の娼婦と少女を見かけたところからイマジネーションを膨らませていったらしい。映画自体もドキュメンタリータッチでインドネシアの蒸し暑かったり雑多だったりする喧騒がひしひしと伝わってきた。

f:id:mizuki0703:20161216110740j:plain

『viva』はラテンビート国際映画祭において上映されたキューバアイルランド合作作品で、美容師の少年がドラァグ・クイーンの仕事に魅せられていくと同時に失踪していた父親との確執を乗り越えていく様子が描かれていた。そういえば息子の女性化と父親の厳格な「男らしさ」の対立の問題は『ダイ・ビューティフル』にも共通したテーマだった。キューバの殺伐とした街で淡々と貧困に窮した生活を送っていた少年がステージの上で、やっと生きる歓びを見つけたと言わんばかりに熱唱するラストには感動を禁じ得なかった。

f:id:mizuki0703:20161216111109j:plain

出典:http://www.uplink.co.jp/evolution/

あとは、渋谷アップリンクで上映のルシール・アザリロヴィック監督『エヴォリューション』もある種のトランスジェンダー映画と言ってしまってよいのではないかな。説明的描写は一切排除されてはいるものの、女性の出産機能を備え付ける人体実験を施して少年を両性具有的存在にしてしまうという不思議オカルト映画。手術でその人のジェンダーを無理やりトランスさせてしまうなんて、アルモドバルの『私が、生きる肌』みたい。

f:id:mizuki0703:20161216150212p:plain

出典:http://kareamu.com

来年2月25日には生田斗真トランスジェンダーを演じる『彼らが本気で編むときは、』が上映される。日本でトランスジェンダーを主人公にして描いた映画はほとんどなかったような気がするのでどんな描き方をしているのか気になるところ。

ほんの一部しか挙げられてないと思うので2016年他にもこんなトランスジェンダー映画あったよ、というご指摘あったら是非下さい!